福岡工業大学 リポジトリシステム

ホーム    福岡工業大学機関リポジトリ「FITREPO」    論文の投稿・確認        English    附属図書館    大学    問合せ

Fukuoka Institute of Technology Repository >
02.紀要・部局刊行物 >
01.福岡工業大学研究論集 >
研究論集 第49巻2号(通巻76号) >

 
タイトル :情報セキュリティ上の瑕疵による個人情報等の漏洩と個人情報保護法 : 東京地裁平成26年1月23日判決の検討
著者 :千手, 崇史
作成日 :2017-2
要約(Abstract) :An interior wholesaler company(X:who ordered the system from Y) claimed system vendor company(Y). The legal basis is the default(Article 415,Civil Code). An enormous amount of personal data which X had been holding, leaked on account of illegal computer access by someone. Then, the system designed by Y didn’t equip even minimum security guard. In this case, the Tokyo District Court partly upheld the claim. In case of information leakage incidents, companies suffer tremendous cost damage by voluntary apology to all customers. However, without apology, the social enterprise value falls. In this article, the author pointed out the “dilemma”problem.
収録種別 :紀要論文
ISSN :0287-6620
公開者・出版者 :福岡工業大学
URI :http://hdl.handle.net/11478/547
掲載論文 :福岡工業大学研究論集
AN10036974
49
2
69
86
掲載雑誌 :福岡工業大学研究論集 Vol.49 no.2 p.69 -86
出現コレクション:研究論集 第49巻2号(通巻76号)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
11478-547_p69.pdf894KbAdobe PDF見る/開く