福岡工業大学 リポジトリシステム

ホーム    福岡工業大学機関リポジトリ「FITREPO」    論文の投稿・確認        English    附属図書館    大学    問合せ

Fukuoka Institute of Technology Repository >
02.紀要・部局刊行物 >
10.福岡工業大学エレクトロニクス研究所所報 >
エレ研所報 第34巻 >

 
タイトル :二流体モデル方程式の数学的適切性に及ぼす付加慣性力項のガリレイ変換不変性の影響
著者 :江頭 竜
作成日 :2017-10-31
要約(Abstract) :Effect of the Galilean transformation invariance of added inertia force term on mathematical well-posedness of two fluid model equation is investigated on the basis of eigenvalue analysis. Ill-posedness of the conventional two fluid model equation is known well since Lyczkowski et al. pointed it out in 1978. However, the reason for the ill-posedness has not yet been clarified. Eames et al. recently derived a formula of added inertia force term being invariant under the Galilean transformation, while Lyczkowski et al. studied the mathematical well-posedness using a not-invariant formula. The difference of mathematical well-posedness due to the above two formulas is demonstrated for the actual conditions.
収録種別 :紀要論文
ISSN :0911050X
公開者・出版者 :福岡工業大学エレクトロニクス研究所
備考 :著者所属 : 福岡工業大学 知能機械工学科(Department of Intelligent Mechanical Engineering, Faculty of Engineering)
URI :http://hdl.handle.net/11478/771
掲載論文 :福岡工業大学エレクトロニクス研究所所報
AN10015464
34
1
7
掲載雑誌 :福岡工業大学エレクトロニクス研究所所報 Vol.34 p.1 -7
出現コレクション:エレ研所報 第34巻

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
エレ研34_1P江頭竜先生.pdf818KbAdobe PDF見る/開く